🔥 「TRUE TELLER」が「世界情報サービス産業機構 IT賞」を受賞 | 株式会社野村総合研究所のプレスリリース

Most Liked Casino Bonuses in the last 7 days 💰

Filter:
Sort:
TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

芥子5人本焼桐 雛人形アクリルケース飾り クラッカー 玩具花火 五月人形【雛人形ケース飾り】買い誠実 大特価. traina/トレイナは、野村総合研究所がtrue teller® シリーズで磨き上げた日本語nlp(自然言語処理)の技術と、


Enjoy!
社内FAQを蓄積して自己解決!オススメのFAQツール6選! | ナレッジハック
Valid for casinos
TRUE TELLER(トゥルーテラー) | IoT NEWS
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

シンクタンクの印象が強い同社だが、実は企業向けにシステムを提供するシステム開発企業でもある。 培った言語処理技術からAIツールへ. もともと野村総研では、年頃からテキストマイニングツール「TRUE TELLER(


Enjoy!
【セキュリティ ニュース】野村総研、テキスト内の個人情報を自動的にマスク処理するツールを発売(1ページ目 / 全1ページ):Security NEXT
Valid for casinos
TRUE TELLERの評判と料金を紹介|FAQシステムの比較も徹底解説! - 起業ログ
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

TRUETELLERテキストマイニング及びTRUETELLER個人情報フィルタに係るソフトウェアサポート , サービス推進部, , 水道事業会計, 水道経営費, 営業費用, 業務費, 賃借料, ダイアカラービルの賃貸借契約に


Enjoy!
ナレッジ管理・FAQソリューション「TRUE TELLER FAQナレッジ Ver」を発売 | 野村総合研究所 | JPubb
Valid for casinos
NRIが12月からテキストマイニングツール「TRUE TELLER」のSaaSを開始 | 日経クロステック(xTECH)
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

3nimfomanki.ru?FAQID=&baID=​16&DispNodeID= <一次試験当日のイメージ> /07/15(水) ~16​ 茨城県. <本社:茨城県水戸市桜川1丁目> 7/13 12時以降にキャンセルされる場合


Enjoy!
社内ブログのテキストマイニング (NRI, TRUE TELLER) | 傀儡師の館.Python - 楽天ブログ
Valid for casinos
【徹底比較】FAQシステムおすすめ14選!メリットと選び方を解説 | QEEE
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

がある。そこで、人の判断を支援する仕組みを盛り込み、分析精度の向上を目指すのが、NRIの「TRUE TELLER」である。 (/10/20). データ統合ベンダーの進化の先に見える「データ活用」の未来とは (/9/11)


Enjoy!
コールセンタージャパン・ドットコムは、CRM/コールセンター構築・運営のための専門サイトです | 年7月号 <ITの選び方&使い方>
Valid for casinos
特許検索・特許管理など知財業務をフルサポート| サイバーパテント
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

traina/トレイナは、野村総合研究所がtrue teller® シリーズで磨き上げた日本語nlp​(自然言語処理)の技術と、 /03/31 UC-win/Road,VR-Cloud,フォーラムエイト,ドライブシミュレータ,バーチャルリアリティ,BIM,CIM


Enjoy!
野村総研、「TRUE TELLERテキストマイニング」をSaaS型サービスで提供開始 | 科学技術情報プラットフォーム
Valid for casinos
TRUE TELLER:出現頻度や相関関係などを分析するテキストマイニングソフト - TechRepublic Japan
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

窓口業務を支援するAIソリューション「TRAINA/トレイナ」に「TRUE TELLER​」を統合. ~新たに日本語分析・ 「TRUE TELLER」のテキスト解析製品群を統合することで、「TRAINA/トレイナ」の日本語分析・対話機能を強化. 年7月に提供を /10/ 野村総合研究所、人材マネジメントの柔軟性と新型コロナウイルスの会社業績への影響について調査. 研究・情報発信


Enjoy!
You are being redirected
Valid for casinos
「TRUE TELLER」が世界情報サービス産業機構ICT賞を受賞
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

顧客からの問い合わせや、それに対する回答をデータ化し管理できるFAQ​システム。Webサイトの「よくある質問」や、コールセンターのオペレーターが回答を検索するツールとしても利用され、顧客対応の質を向上するのに欠かせない存在


Enjoy!
「TRUE TELLERテキストマイニング」リアルタイム版の提供を開始 ~ビッグデータ活用で自社製品の不具合や従業員のコンプライアンス違反などを即時に発見~ - 記事詳細|Infoseekニュース
Valid for casinos
「TRUE TELLERテキストマイニング」リアルタイム版の提供を開始 ~ビッグデータ活用で自社製品の不具合や従業員のコンプライアンス違反などを即時に発見~ - 記事詳細|Infoseekニュース
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

「TRUE TELLER」は、野村総合研究所が年に提供を開始したテキスト解析ソリューションの総称 サービスの質の向上を支援するものです。年の東日本大震災の直後には、同社はTRUE TELLERを活用して、被災


Enjoy!
【徹底比較】FAQシステムおすすめ14選!メリットと選び方を解説 | QEEE
Valid for casinos
窓口業務を支援するAIソリューション 「TRAINA/トレイナ」に「TRUE TELLER」を統合 ~新たに日本語分析・対話機能を強化した「TRAINA」シリーズを提供~ - CNET Japan
Visits
Dislikes
Comments

TT6335644
Bonus:
Free Spins
Players:
All
WR:
30 xB
Max cash out:
$ 500

野村総合研究所は11月13日、コールセンターやソーシャルメディアを通じて集まる膨大なテキストデータを分析する「TRUE TELLER(トゥルーテラー)​テキストマイニング」をSoftware as a Service(アプリケーションをネットワーク経由で


Enjoy!
組織的な「顧客の声」活用の仕組み―「TRUE TELLER 顧客の声ポータル」活用事例 (野村総合研究所)
Valid for casinos
組織的な「顧客の声」活用の仕組み―「TRUE TELLER 顧客の声ポータル」活用事例 (野村総合研究所)
Visits
Dislikes
Comments

これらのオプションの詳細については、「 データベースの復元 [オプション] ページ 」を参照してください。For more information about these options, see Restore Database Options Page. データベースが存在する場合、既定では、RESTORE 権限は sysadmin 固定サーバー ロールおよび dbcreator 固定サーバー ロールのメンバーと、データベースの所有者 dbo に与えられています。If the database exists, RESTORE permissions default to members of the sysadmin and dbcreator fixed server roles and the owner dbo of the database. 推奨事項Recommendations データベースの移行に関するその他の考慮事項については、「 バックアップと復元によるデータベースのコピー 」を参照してください。For additional considerations for moving a database, see Copy Databases with Backup and Restore. このリストには、 msdb バックアップ履歴に従ってバックアップされたデータベースのみが含まれます。The list contains only databases that have been backed up according to the msdb backup history. バックアップが必要な間は、データベースの暗号化キーの暗号化に使用した証明書を保持する必要があります。You must retain that certificate used to encrypt the database encryption key for as long as you need the backup! 物理バックアップ デバイスを指定したり、対応する論理バックアップ デバイス 定義されている場合 を指定したりできます。You can specify a physical backup device, or you can specify a corresponding logical backup device, if defined. 以下のオプションの 1 つを選択します。Select one of the following options: [データベース]Database 復元するデータベースをドロップダウン リストから選択します。Select the database to restore from the drop-down list. USE master; GO -- First determine the number and names of the files in the backup. x SQL Server 9. こうしたデータベースには、意図しない Transact-SQLTransact-SQL コードを実行したり、スキーマまたは物理データベース構造を変更してエラーを発生させるような、悪意のあるコードが含まれている可能性があります。Such databases could contain malicious code that might execute unintended Transact-SQLTransact-SQL code or cause errors by modifying the schema or the physical database structure. PermissionsPermissions 復元するデータベースが存在しない場合、ユーザーは RESTORE を実行できる CREATE DATABASE 権限を使用する必要があります。If the database being restored does not exist, the user must have CREATE DATABASE permissions to be able to execute RESTORE. データベース ファイルの新しい場所を指定するには、 [ファイル] ページを選択し、 [すべてのファイルをフォルダーに移動する] をクリックします。To specify the new location of the database files, select the Files page, and then click Relocate all files to folder. このオプションを指定しない場合、既定ではバックアップ デバイスの 1 番目のバックアップ セットを使用します。When this option is not specified, the default is to use the first backup set on the backup device. 通常、データベースは直ちに使用可能になります。Typically, the database becomes available immediately. データベースの名前を変更するには、 [データベース] ボックスに新しい名前を入力します。To change the name of the database, enter the new name in the Database box. また、アップグレード オプションがインポートに設定されており、フルテキスト カタログが使用できない場合は、関連付けられたフルテキスト インデックスが再構築されます。Note also that when the upgrade option is set to import, the associated full-text indexes are rebuilt if a full-text catalog is not available. ファイルはこの場所に復元されます。The file will be restored to this location. 暗号化されたデータベースを復元するには、 データベースを暗号化するために使用した証明書や非対称キーにアクセスする必要があります。To restore an encrypted database, you must have access to the certificate or asymmetric key used to encrypt the database! このグリッドの詳細については、「 データベースの復元 [ファイル] ページ 」を参照してください。For more information about this grid, see Restore Database Files Page. 制限事項と制約事項Limitations and restrictions データベースの完全バックアップの復元中は、復元作業を実行するシステム管理者以外は、復元中のデータベースを使用しないでください。The system administrator restoring a full database backup must be the only person currently using the database to be restored. nn 追加の MOVE ステートメントを指定できることを示すプレースホルダーです。Is a placeholder indicating that you can specify additional MOVE statements. 既定で、データとログ ファイルが元の場所に復元されます。By default, data and log files are restored to their original locations. これは、同じサーバー インスタンスで既存のデータベースのコピーを作成する場合に必要です。This is necessary if you are creating a copy of an existing database on the same server instance. 作業を開始する準備Before you begin! SQL Server 9. button to open the Select backup devices dialog box. RESTORE DATABASE ステートメントを使用し、データベースの完全バックアップを復元します。Use the RESTORE DATABASE statement to restore the full database backup. RESTORE 権限は、サーバーでメンバーシップ情報を常に確認できるロールに与えられます。RESTORE permissions are given to roles in which membership information is always readily available to the server. バックアップ セット内のデータ ファイルまたはログ ファイルの論理ファイル名は、バックアップ セットが作成されたときのデータベース内における論理名と同じです。The logical file name of a data or log file in a backup set matches its logical name in the database when the backup set was created. データベース バックアップは、バックアップ デバイスの 1 番目のバックアップ セットです。The database backup is the first backup set on the backup device. 不明または信頼できないソースのデータベースを使用する前に、運用サーバー以外のサーバーでそのデータベースに対し DBCC CHECKDB を実行し、さらに、そのデータベースのストアド プロシージャやその他のユーザー定義コードなどのコードを調べます。Before you use a database from an unknown or untrusted source, run DBCC CHECKDB on the database on a nonproduction server and also examine the code, such as stored procedures or other user-defined code, in the database. インデックスを作成するデータ量によって、インポートには数時間、再構築には最大でその 10 倍の時間がかかることがあります。Depending the amount of data being indexed, importing can take several hours, and rebuilding can take up to ten times longer. このステートメントは、バックアップ セットに保存されているデータベースとログ ファイルのリストを返します。This statement returns a list of the database and log files contained in the backup set. x or higher database to SQL Server x , the database is automatically upgraded. データベースを再配置するには、MOVE オプションを使用して、各データベース ファイルを再配置し、既存ファイルとの衝突が発生するのを防ぎます。To relocate a database, use the MOVE option to relocate each of the database files and to avoid collisions with existing files. このステートメントは、多くの WITH オプションもサポートします。This statement also supports a number of WITH options. 選択されたデバイスにバックアップを持つデータベースのみが使用できるようになります。Only databases that have backups on the selected device will be available. 新しいディレクトリ パスにデータベースを移動できるほか、同じサーバー インスタンスまたは別のサーバー インスタンスにデータベースのコピーを作成できます。You can move a database to a new directory path or create a copy of a database on either the same server instance or a different server instance. 新しい場所にデータベースを復元し、必要に応じて T-SQL を使用してデータベースの名前を変更するRestore database to a new location; optionally rename the database using T-SQL 必要に応じて、復元するデータベースの完全バックアップを含んでいるバックアップ セット内のファイルの論理名と物理名を判断します。Optionally, determine the logical and physical names of the files in the backup set that contains the full database backup that you want to restore. 注: 別のサーバーで作成されたバックアップの場合、復元先のサーバーには指定されたデータベースのバックアップ履歴情報が存在しません。NOTE: If the backup is taken from a different server, the destination server will not have the backup history information for the specified database. このデータベースは、単純復旧モデルを使用しています。This database uses the simple recovery model. 詳細については、「 SQL Server Certificates and Asymmetric Keys 」をご覧ください。For more information, see SQL Server Certificates and Asymmetric Keys. 関連タスクRelated tasks.{/INSERTKEYS}{/PARAGRAPH} ldf'; GO AdventureWorksAdventureWorks データベースの完全データベース バックアップを作成する方法の例については、「 データベースの完全バックアップの作成 SQL Server 」を参照してください。For an example of how to create a full database backup of the AdventureWorksAdventureWorks database, see Create a Full Database Backup SQL Server. これらの引数の詳細については、「 RESTORE Transact-SQL データベースを新しい場所に復元し、必要に応じてデータベースの名前を変更する方法について説明します。For more information about these arguments, see RESTORE Transact-SQL. 復元先のセクションの [データベース] ボックスに、復元するデータベースの名前が自動的に表示されます。In the Destination section, the Database box is automatically populated with the name of the database to be restored. ただし、 SQL Server 9. 推奨された復元計画を変更するには、グリッドの選択を変更します。To override the suggested recovery plan, you can change the selections in the grid. セキュリティSecurity セキュリティを確保するため、不明なソースや信頼されていないソースからのデータベースは、アタッチまたは復元しないことをお勧めします。For security purposes, we recommend that you do not attach or restore databases from unknown or untrusted sources. この場合、 [デバイス] をクリックして、復元するファイルまたはデバイスを手動で指定します。In this case, select Device to manually specify the file or device to restore. x 以降のデータベースを SQL Server x に復元すると、データベースが自動的にアップグレードされます。If you restore a SQL Server 9. 次の表で、データベースを新しい場所に復元するという点で、この RESTORE ステートメントの引数を説明します。The following table describes arguments of this RESTORE statement in terms of restoring a database to a new location. AdventureWorksAdventureWorks データベースはサーバー インスタンスに既に存在するため、バックアップ内のファイルを新しい場所に復元する必要があります。The AdventureWorksAdventureWorks database already exists on the server instance, so the files in the backup must be restored to a new location. そうでない場合は、既定の RECOVERY オプションを使用します。Otherwise, use the RECOVERY option, which is the default. 詳細については、「 RESTORE の引数 Transact-SQL 」の「バックアップ セットの指定」を参照してください。For more information, see "Specifying a Backup Set" in RESTORE Arguments Transact-SQL. メモ この一覧は [デバイス] をクリックした場合にのみ使用できます。Note This list is only available when Device is selected. n ] データベース バックアップを復元する 1 ~ 64 個のバックアップ デバイスのコンマ区切りリストを指定します。Specifies a comma-separated list of from 1 to 64 backup devices from which the database backup is to be restored. 詳細については、「 トランザクション ログのバックアップ SQL Server 」を参照してください。For more information, see Back Up a Transaction Log SQL Server. 新しい場所にデータベースを復元し、必要に応じて SSMS を使用してデータベースの名前を変更するRestore a database to a new location; optionally rename the database using SSMS 適切な SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineのインスタンスに接続した後、オブジェクト エクスプローラーでサーバー名をクリックしてサーバー ツリーを展開します。Connect to the appropriate instance of the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, and then in Object Explorer, click the server name to expand the server tree. 既定では、復旧計画が推奨されています。By default, a recovery plan is suggested. 注意 異なるサーバー インスタンスにデータベースを復元している場合は、新しい名前ではなく元のデータベース名を使用することができます。If you are restoring the database to a different server instance, you can use the original database name instead of a new name. 特定の時点を指定する方法の詳細については、「 Backup Timeline 」を参照してください。See Backup Timeline for more information on designating a specific point in time. 前提条件Prerequisites 完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルを使用する場合は、データベースを復元する前に、アクティブ トランザクション ログをバックアップする必要があります。Under the full or bulk-logged recovery model, before you can restore a database, you must back up the active transaction log. 以前のバックアップの選択を解除すると、以前のバックアップの復元に依存するバックアップは自動的に選択が解除されます。Backups that depend on the restoration of an earlier backup are automatically deselected when the earlier backup is deselected. この証明書または非対称キーがないとデータベースを復元できません。Without that certificate or asymmetric key, you cannot restore the database. {PARAGRAPH}{INSERTKEYS}SQL ServerSQL Server all supported versions 適用対象:Applies to: SQL ServerSQL Server サポートされているすべてのバージョン SQL ServerSQL Server all supported versions このトピックでは、SQL Server Management Studio SSMS または SQL ServerSQL Server を使用して、 SQL Server x SQL Server x で Transact-SQLTransact-SQLデータベースを新しい場所に復元し、必要に応じてデータベースの名前を変更する方法について説明します。This topic describes how to restore a SQL ServerSQL Server database to a new location, and optionally rename the database, in SQL Server x by using SQL Server Management Studio SSMS or Transact-SQLTransact-SQL. 詳細については、「 RESTORE の引数 Transact-SQL 」の「バックアップ セットの指定」を参照してください。For more information, see "Specifying a Backup Set," in RESTORE Arguments Transact-SQL. バックアップ セットから新しい位置に復元する論理ファイルごとに、MOVE ステートメントを指定してください。Specify a MOVE statement for every logical file you want to restore from the backup set to a new location. このグリッドには、指定された場所に対して使用可能なバックアップが表示されます。This grid displays the backups available for the specified location.